ストーリー


環境と安全に配慮

~人と地球にやさしく安全と環境保全は私たちの使命と考えています~

環境に優しい素材開発に前向きに取り組んでいます。

環境に優しい素材開発に取り組み成果を出しています。

 これからの製品開発では、使用時の機能性、安全性はもちろん使用後のことまできちんと考えていく必要があります。石油を始めとする地球上の資源には限りがあり、省資源は私たちが避けては通れない課題のひとつです。廃棄物の処理についても慎重に考えなくてはなりません。いまこの問題に真摯に取り組まなければ、早晩資源は枯渇し地球環境のダメージは取り返しのつかないことになるでしょう。環境保全は、人の生命を守る安全と密接につながっているのです。

 山中産業では早くから植物由来で環境循環型の飲料用フイルターの開発に取り組み、植物のデンプンを原料としたバイオマス素材(ポリ乳酸)から世界初のフィルター「ソイロン」を生み出しました。「ソイロン」は土に埋めると、加水分解した後、微生物によって完全に生分解するという性質を持っています。また、植物が原料となっているので、持続可能な社会の発展に貢献します。


一歩先を行く“安全”を追求しています。

一歩先を行く“安全”を追求しています。

 最近では、安全に対する意識の高まりとともに、企業に対する法令遵守がより厳しく求められています。私たちはそれを遵守することはもちろん、「HACCP精神」に基づいた独自の取り組みを実践しています。

 例えば、飲用フィルター分野では、コーヒーやお茶の抽出時に直接お湯の掛かる部分へのイカ墨インクの採用や、ラッピング資材分野では、リボン結束に使用するワイヤーの針金部分を形状記憶が可能なプラスチック素材に換えた「レスち~る」を開発し、従来の素材として必要な性能を保持しつつ、安全性を向上させています。


  • 山中産業の開発力
  • 環境と安全に配慮
  • 山中産業のこれまでとこれから

ページの先頭へ

山中産業 -飲用フィルタとラッピング資材の企画・製作-

メールでのお問い合わせ