説明文


安心してお使いいただくために

加工技術

山中産業では、超音波による融着やヒートシール加工などを基本加工技術としています。接着剤を使用せず素材同士を溶着させるこれらの加工方法で生産された製品は安全性が高く、食品用途に適した加工方法であるといえます。

超音波利用技術
超音波利用技術
超音波による材料の接着や切断を行ったり、また、同時に接着と切断を行う技術を擁しています。
他の方法で難しい材料の組合わせでもピンポイントで接着が可能です、切断(スリット)も得意な分野です。
ヒートシール加工
連続ヒートシール加工技術を駆使して、製品の生産を実施する事ができます。
自社技術でオリジナルなものづくりが可能です。
その他
自社及び協力会社との連携により、新しい技術を吸収しながら形状打ち抜き技術、接着技術との併用で、新しい製品造りに取り組んでいます。

FSSC22000 認証取得

当社は、「本社工場」、「開発センター」、「野洲工場」の各製造拠点については2014年に、2016年開設の「能登工場」についても、開設から約半年後にはFSSC22000の認証を取得しております。
FSSC22000は、原材料の生産から食卓までを網羅する食品安全マネジメントシステムであり、お客様に安心して当社の製品をお使い頂けるように、常に最新の情報へ更新しながら日々の研鑚に勤めています。


ISO9001 認証取得

2001年2月26日にISO9001:2000を認証取得しております。
当社は、ISOが品質における国際的なスタンダード規格として、顧客の期待に応えるためにあるという認識の元に、自らその枠組みに身を投じ、ISOの精神の理解をさらに深めるよう努力してきました。これから先も継続してその精神を受け継いでいきます。



ページの先頭へ

山中産業 -飲用フィルタとラッピング資材の企画・製作-

メールでのお問い合わせ